米ジャズピアニスト マッコイ・タイナー氏死去

モダンジャズの黄金期を築いたアメリカのジャズピアニスト、マッコイタイナー氏が昨日6日に81歳で亡くなりました。
サックス奏者のジョン・コルトレーンの黄金のカルテット(ベース:ジミー・ギャリソン、ドラム:エルビン・ジョーンズ)で、ピアノのマッコイ・タイナーは生存する最後のメンバーでした。
ラヂヲは5年前に来日した際にブルーノート東京でマッコイの演奏を聴き、ジャズの巨匠のピアノの響きに感動したものでした。
今日は好きだったアルバム「The Real McCoy」を偲び聴くことにしましょう。

McCoy Tyner / The Real McCoy
Blue Note – BLP 4264 (1967)

1. Passion Dance
2. Contemplation
3. Four By Five
4. Search For Peace
5. Blues On The Corner

McCoy Tyner (p)
Joe Henderson (ts)
Ron Carter (b)
Elvin Jones (ds)

Recorded on April 21, 1967.