地上デジタルラジオ

- 2011.03.29

デジタルラジオ実用化試験放送の終了

 2003年10月から地上デジタルラジオの実用化試験放送を行ってきましたが、東京での実用化試験放送を2011年3月31日をもって終了しました。大阪での実用化試験放送は、2010年6月30日に終了しています。

「デジタルラジオ実用化試験放送の終了について」(報道資料)

■地上デジタルラジオとは

 地上デジタルラジオ(地上デジタル音声放送)は、現在行われているアナログのラジオ放送とは違う、変調方式にデジタル変調方式を使った新しいラジオ放送です。

 地上デジタルラジオは、6MHzの帯域を14のセグメントに分割して、その1セグメント(432kHz)又は3セグメント(1296kHz)で、8セグメント(約4MHz)を使用して放送を行っています。
 ラジオのデジタル化のメリットとしては、CD並みの高音質の放送ができるほか、音声に加えて簡易動画や静止画の配信ができ、道路交通情報などのデータ放送も配信できるようになります。
 また、カーラジオや携帯受信機などの移動用端末でもクリアな受信ができるようになるという特長もあります。

デジタルラジオ実用化試験放送

 地上デジタルラジオは、東京と大阪で2003年10月10日(午前10時;デジタルにちなんで101010の二進数並び)からテレビのVHF7chの周波数帯を使用して「社団法人デジタルラジオ推進協会(DRP:Digital Radio Promotion Association)」により実用化試験放送が開始されました。

社団法人デジタルラジオ推進協会

デジタルラジオでAMラジオのサイマル放送

 2008年9月29日から、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送の3局が地上デジタルラジオで中波放送(AMラジオ)のサイマル放送を開始しました。
 TBSラジオが「TBSラジオデジタル」、文化放送が「文化放送プラス」、ニッポン放送が「ニッポン放送DIGITAL」としてそれぞれAMラジオと同じ放送を行ないます。

9203ch 「TBSラジオデジタル」 (月~土 06:00~27:00、日06:00~25:00)
9303ch 「文化放送プラス」   (月~土 06:00~26:00、日06:00~25:00)
9502ch 「ニッポン放送DIGITAL」(月~土08:30~27:00、日09:00~25:00)

チャンネル

東京では8チャンネルで放送が行われていました。

【DRP東京】
チャンネルセグ
メント
チャンネル
名称
番組提供者番組内容 (放送時間)
91011NHKNHKキッズ向け番組やロック、
J-POP番組など多様な番組を提供
(11:00~21:00)
92021OTTAVATBSラジオ今の時代感覚でクラシックを提供する、クラシック専門ステーション
24時間(月曜1:00~5:00休止)
92031TBSラジオデジタルTBSラジオTBSラジオ954kHzのサイマル放送
24時間(月曜1:00~5:00休止)
93021超!A&G+文化放送アニメ・ゲーム・声優関連専門チャンネル
(月~土6:00~27:00 日6:00~25:00)
93031文化放送プラス文化放送文化放送1134kHzのサイマル放送
(月~土6:00~27:00 日6:00~25:00)
94011エリア・ショーケース (10:00~22:00)
95011Suono Dolce
(スォーノ・ドルチェ)
ニッポン放送丸の内から発信するラブソング専門局。簡易動画もある。
(月~土6:00~27:00 日6:00~25:00)
95021ニッポン放送DIGITALニッポン放送ニッポン放送1242kHzのサイマル放送
(月~土6:00~27:00 日6:15~25:00)



■実用化試験放送局の免許の概要

免許人社団法人デジタルラジオ推進協会
局名東京実用化試験局大阪実用化試験局(終了)
呼出符号JOAZ-FMJOBZ-FM
呼出名称でじたるらじおすいしんきょうかい
とうきょうデジタルエフエムほうそうじつようかしけん
でじたるらじおすいしんきょうかい
おおさかデジタルエフエムほうそうじつようかしけん
運用開始2003年(平成15年)10月10日
周波数190.214286MHz(テレビの第7チャンネル)
送信電力
(1セグメント当り) 
2.4kW
(300W)
240W
(30W)
送信所東京都港区芝公園4-2-8
東京タワー
大阪府東大阪市山手町2027-3
生駒山
放送区域東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の各一部
大阪府、京都府、奈良県、兵庫県の各一部


デジタルラジオ搭載携帯電話

W56T  デジタルラジオを聴くためには、デジタルラジオの受信に対応した携帯電話を使用する方法がありました。

 対応機種として、auのW44S(ソニーエリクソン)、W51SH(シャープ)、W51T(東芝)、W52T(東芝)、W52H(日立)、W54T(東芝)、W56T(東芝)、W54S(ソニーエリクソン)、W54SA(三洋)、W61S(ソニーエリクソン)、W61SA(京セラ)、W63SA(京セラ)の12機種がありました。

 ラヂヲ堂でも右の写真にあるように「au W56T」でデジタルラジオを聞きました。イヤホンなしでもスピーカーで聴くことができます。

デジタルラジオ対応ワンセグチューナー「MonsterTV 1DR」

 2007年5月にエスケイネットからデジタルラジオとワンセグテレビ放送の視聴/録音(録画)が可能なUSB接続タイプのチューナーユニット「MonsterTV 1DR」が発売されました。携帯電話以外の機器でデジタルラジオに対応したのはこの製品が初めてでした。
 付属ソフトの「1D Controller」でワンセグテレビ放送とデジタルラジオを受信制御することができます。対応OSはWindows XP/Visatで、録音した音声(映像)ファイルはDRM処理されるため、録音(録画)したパソコンでのみ再生することができます。

MonsterTV 1DR


◆1D controllerで受信したデータ放送画面

■NHK
NHK

■digitalBay
digitalBay

■OTTAVA
OTTAVA

■UNIQue the RADIO
UNIQue the RADIO

■Suono Dolce
Suono Dolce

ページのトップへ戻る