移動受信日誌

奈良移動受信パート2 (2003年2月)

 昨年11月に続いて再び奈良への旅です。前回は日帰りの奈良でしたが、今回は泊付きで奈良県平群町(へぐりちょう)の宿での受信です。

 生駒市で仕事があったのですが、前回の奈良市内では聞こえなかった「FMハイホー」を受信できるようにと、仕事を終えて生駒市から南下して平群町にある簡保の宿に宿泊することにしました。
 客室は、「FMハイホー」の送信所のある王寺町方面を望む2階の南向きの部屋です。

<FMラジオ局の受信状況@平群町>
 受信場所:奈良県平群町上庄 かんぽの宿「大和平群」2階客室
 受信時間:午前7時
 使用ラジオ:SONY ICF-SW1000T
 使用アンテナ:内蔵ロッドアンテナ
周波数(MHz)放送局信号強度
76.5FM CO・CO・LO(大阪:10kW)  4
80.2FM802(大阪:10kW)  3
81.4FMハイホー(王寺町:10W)  5
82.8NHK-FM(京都:1kW)  3
83.7NHK-FM(栃原:30W)  5
85.1fm osaka(大阪:10kW)  3
86.5NHK-FM(神戸:500W)  3
87.4NHK-FM(奈良:500W)  5
89.0NHK-FM(西吉野:10W)  3
89.4α-STATION(京都:3kW)  4
89.9Kiss-FM KOBE(神戸:1kW)  3

 予想どおり「FMハイホー」がバッチリ受信できました。受信した番組は、土曜日の朝の番組で、行政からのお知らせでしたが、平群町からのお知らせもありましたので、ここ平群町もサービスエリアになっているのでしょう。「FMハイホー」は出力10Wですが、距離にして5kmぐらいですからこの信号強度で受信できて当然という感じです。
 ところが、奈良市の「奈良どっとFM」が受信できません。信号が弱くて受信を逃してしまったのかもしれません。

 奈良県内のNHK-FMの中継局が3局受信できました。奈良中継所は松尾山(奈良県大和郡山市)にあるのですが、ここの宿からは約2km東という近さで、最も近いFM局になります。
 他の中継局は、栃原中継局は栃原岳(奈良県吉野郡下市町)にあり、西吉野中継局は竜王山(奈良県吉野郡西吉野村)にあります。両方とも方角はここからは南方向ですので、南向きの部屋ということで入感してきているようです。

 思ったより受信状態が悪かったのが大阪の局です。大阪のFM局は、生駒山(東大阪市)にあるFM CO・CO・LOが一番よく入ったのですが、それでも最高によいというわけでもないのです。
 飯盛山(大阪府大東市)にある他のFM局はさらに受信状態が悪かったのですが、これは生駒山の陰になってしまうからなのでしょうか。
 生駒山(約4.7km)や飯盛山(約10km)は距離的に近くても、部屋が南向きだったために受信が厳しかったのでしょうか。

 京都の局は、「NHK-FM京都」も「α-STATION」も入感しました。どちらも小塩山(京都市西京区)から送信されています。距離にして約35km北になりますが、出力が大きい分「α-STATION」の方がよく聞こえるようです。

 兵庫の局は、「NHK-FM神戸」と「Kiss-FM KOBE」が摩耶山(神戸市灘区)にあります。こちらも方角としては西に約47kmの距離がありますが、途中にある生駒山地を越えての入感です。

 宿から近くの駅は近鉄生駒線の元山上口駅で、歩いて8分ほどです。駅の向こうには生駒山のアンテナ群がはっきりと見えていました。
生駒山のアンテナ群
《元山上口駅から生駒山を望む》

ページのトップへ戻る